水のトラブルが発生したら

トイレや浴室、キッチンなどの水回りで水のトラブルが生じてしまった場合、どのような対処を行わなければならないのでしょうか。対処が自分でできるかどうか検討し、もしできるのであればある程度のところまで行ってみるといいでしょう。

■自分でできる水のトラブルの対処法

便器の詰まりは50℃程度のお湯を流したり、ラバーカップを使用することで改善されることがあります。浴室やキッチン、トイレ 水漏れについては、多くはパッキンや部品の劣化によるものが多いといえます。こんな場合はホームセンターでパッキンや部品を購入し、取り替えることで水漏れを防止することができる場合もあります。




■自分で対処できない場合には業者に連絡

様々な場所のつまりなどの水のトラブルについては、自分で行うことで改善される場合があります。しかし詰まりが解消されないこともあります。また水漏れが起こった際に、パッキンや部品の交換で症状がなくなることもありますが、この作業ができない方もいることでしょう。そういった場合には、自分で何とかしようとせずに、水のトラブルに対して修理等を行う業者に連絡をした方がいいでしょう。放置することで症状がより悪化する可能性もあります。



■まとめ
水漏れや詰まりが自分で対処できない場合には、速やかに業者に連絡をしなければなりません。放置をしたり、自分で対処したことで症状が悪化した場合、修理にかかる費用がより高くなってしまうことがあるからです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ